1968年9・30大衆団交議事録                      ホームページへ戻る  つぎへ

大衆団交・会場案内               国電総武線 両国駅下車 徒歩3分 日大両国講堂(旧国技館)
「日大学生集会」当局者、及び右翼学生集合 日時:1968年9月30日 午後1時〜3時まで、   両国講堂
「大衆団交総決起集会」     全共斗集合     1968年9月30日午後1時〜神田三崎町、経済学部前
日大全共斗主催「大衆団交」              午後3時過ぎ〜翌10月1日、未明まで、   両国講堂
    出席者 :  古田会頭はじめ理事、学部長他、大学当局者全員  日大全共闘会議及び、日大全学生
                        ※両国日大講堂とは?会場案内は
こちら

当日、午後1時過ぎのことである。
 大学主催と称する学生集会が始まっていた。
 演壇上には、事務用の机が横一列に並べられている。
 重包囲の中、続々と学生が集まってきた。
 両国駅から、日大講堂前の厳重な警戒検問をくぐるり抜け、入場してきた学生たちである。

 正面入口前では、人垣がいくつもでき、押し問答をしている。
「旗ざおは、禁止だ」
「ヘルメットは、持ち込むな」
「全共斗の幹部は入場禁止だ」
「これは、大学主催の学生集会なので、秩序に従う者だけしか入れない」
「お前は、xx(個人名)だろう、中には、いれないぞ」等々…・・・・

 全共斗本隊が両国駅に到着したようだ。
 大学主催の学生集会会場内、及び、会場周辺の全員は、その報に震撼とした。

 それでは、当日の議事録をひもといてみよう。

 

 


 

9・30大衆団交 

9・30、経済学部前にて

 9月30日午後1時ごろ、神田三崎町の経済学部周辺に、約2万5千の学友が結集して、全学共闘会議主催の「大衆団交要求・全学抗議集会」が開かれていた。
 犬学当局は、九月三十日午後三時から、両国講堂において「全学集会」を開く、と前日に共闘会議あてに通知してきていた。
 しかしすでに一時前後から、両国講堂では体育会系・日新会系の学生約三百名と中心に八百名あまりの手で集会が開かれていた。
 「秋田と古田会頭のボス交渉を許すな」「大衆団交」粉砕等の立着板や貼り紙がある、共闘会議に結集した学友は、集会の最中にその情報を知った。
学生 では時間がありませんので……。今入った情報によりますと、両国講堂に、一部体育会右翼系の学生が百人ほどたむろしている(怒りの声多し)。
 すべての学友諸君、ここに集まった行動隊の学友諸君は、今日の集会を、全学共闘会議の防衛のもとに大衆団交を開催する、その重い使命を最後まで貫いてほしい。では、すべての学友諸君は立ちあがり、この、われわれの闘いの発祥の地である経済学部前で、圧倒的なデモソストレーシヨンをかちとって、両国講堂に向いたいと思います。シュプレヒコール!
 大衆団交をかちとるぞ! 9・30大衆団交に勝利するぞ!
 古田理事会の策動を許さないぞ!
 分裂策動を許さないぞ! 全共闘は闘うぞ!
 大衆団交をかちとるぞ! 全共闘のカでかちとるぞ!
 日新会を粉砕するぞ! 右翼を粉砕するぞ!
 分裂策動粉砕! 行動隊は闘うぞ! 闘うぞ!
 (津波のような拍手、インター合唱)
 この出発より早く、芸術学部の学友約百名が両国講堂にデモ行進し門を入ろうとし、ドアをしめようとした内部にいた学生たちと小ぜりあいがおこった。
学生 こら、よせ。教授団はおれたちを支持してるんだから。…体育系の学生は三百人しかいないんだ、わかるか……(騒然)

学生 行動隊の学生諸君、われわれは、本日、この両国講堂において、断固として全学共闘会議主催の大衆団交をかちとっていく。その会場を断固としてわれわれの手で防衛するためにやってきたのである。すべての学生諸君は、はっきりとその点を確認し、われわれの集会にたいする一切の妨害から、断固とLてこの両国講堂を守らなければならない(取りまいている学生たちの猛烈な拍手かっさい)。学生諸君、われわれ全学共闘会議こそが、日本大学学生の唯一の代表であり、大衆団交の席上で学校側とはっきり決着をつけるべき問題を、五月末以来一貫Lて提起してきている。すべての学友諸君、この場において、われわれはこの両国講堂を断固として守り抜く態勢を整えたいというふうに考えます。
シュプレヒ.コール.. 日大闘争に勝利するぞ! 
 自治権奪還闘争に勝利するぞ!
 九・三〇大衆団交をかちとるぞ!
 右翼の暴力を粉砕するぞ!
 官憲の弾圧を粉砕するぞ!
 全学共闘会議は闘うぞ! 闘うぞ! (インター合唱)
学生 ただちに、強固なスクラムをもってデモ行進をおこない、そしてわれわれの、われわれの両国講堂に入りたいというふうに考えます。(「意義なし」の声あり)

 同じころ両国講堂の内部で

 演壇では「一般学生」の代表ということで、各学部学生の演説がつづいていた。

学生……われわれの集会を破壊しようとする、そのような、自分たちのイデオロギーしか認めない、自分らの討論しか認めないような集団を、われわれは決して容認すべきではないと思います。(拍手)左であろうと右であろうと、われわれはそのようなことを問題にしているのはありません。われわれは、左ファッショもいけない、右翼ファッショもいけないということを、また教育の場で、決してそのようなファツショ体制をつくってはならないということを、一人一人が自覚しているから、ここにちゃんとすわっているのではありませんか。(拍手)われわれは真の中立的立場でもって教育をし、また学生とLて行動するということを、法学部代表として挨拶にかえさしていただきたいと思います。(拍手)
学生(司会)どうもありがとうございました。つづいてお願いいたします。
学生 今日3時にここで大衆団交を開くという公告が新聞に載りました。もちろん全学集会です。共闘会議としてはこれを大衆団交という形に持ってゆく。学校側としては、大衆団交と受けとってもかまわないという立場で、全学学
生集会を開くものです。けれども、ぼくらは、この大衆団交を絶対に認めてはならないと思う。(「そうだ」の声、拍手)なぜならば、大衆団交そのものがつるし上げ集会であるし、単なる精神的拷問にすぎない。その暴力的話し合いは当然認められない。まして一般学生を無視して、古田会頭と秋田明大議長との間で勝手にかわした密約をもって、事態の収拾にむかおうということは、われわれ一般学生としてなめられている以外の何ものでもないでしよう。(拍手)とにかく、全学共闘会議は、われわれの代表ではない。(「そうだ」の声)彼らは全学連の手先である。(「そうだ」の声)その全学連の手先に、われわれのすべての権利を代表させるわけにはいかない。したがって、今日の3時からの大衆団交は、断じてポイコットしなけれぼならない。(拍手) シュプレヒ・コール!
 全学連粉砕!
 全共闘粉砕!
 全学連の手先は出て行け!
 学生集会粉砕!
 夫衆団交粉砕!
 一般学生は立ち上がろう!

 とにかく、一般学生を無視したこの学生集会というものを、われわれは絶対に阻止していかなけれぼならない。否定していかなければならないと思います。今の学校の状態、つまりわれわれ一般学生の意見が何も反映されないで、単に中核なりMLなり、そういう外部団体から指令を受けた一部学生が、学校内で右注左往しているにすぎない。
一部、殺人者、暴力学生が!(拍手)われわれは団結して、真の代表者を選び出し、学校に村し、正当に学生の権利を主張していかなければならない。そう考えるものです。(「そうだ」の声、拍手)
学生 どうもありがとうございました。つづいてお願いします。
学生 われれはこの集会を一般学生の声を主張するものと決定いたします。(拍手)我々が合法的に、この集会を一般学生の声の反映として設定したにもかかわらず、彼ら 全共闘は、この大会を粉砕する為にここにきている。
日本大学の悩める姿を正しくする為に、われわれがともにやらなければならないことは何か。それをこの場におい
て決定し、二のことを論じていくことによって、現在の現在の日本大学の、この醜い姿を包むことができる。事態収拾の時に向かうことができるのだということを確認して、この大会を総決起集会としなければならない。(拍手)われわれは、日本大学学生集会なるなるものを粉砕し、秋田明大、あるいは古田、彼らがどういう形でこの事態収拾をはかろうとしているか、考えなければならない。現在、日本大学にある
各種団体の人たちが、事態収拾のために全力を傾注しておられますが、その努力にもかかわらず、全学共闘会議の、あの不当な暴力のもとにわれわれが弾圧され、暴力が正当化されたなかにおいて、全学連の介入、安保反対、階級闘争、プロレタリア革命等の政治闘争化した。これは、われわれ日本大学には何ら関係のないものだ。(拍手)われわれはここにおいて、日本大学の民主化のために、日本大学の正常化のために、日本大学の真の改革のために、われわれの総意を結集して立ち上がらなければならないことを確認します。.(拍手)われわれは、あの全学共闘会議の不当な暴力を追放しなければならない。(「全学連帰れ!」「静粛に」の声騒然、インター合唱、シュプレヒコール)
 日大闘争に勝利するぞ!
 自治権奪還闘争に勝利するぞ!
 9・30大衆団交をかちとるぞ!
 全学共闘会議はかちとるぞ!
 右翼の集会妨害を粉砕するぞ!
 右翼の集会破壊を粉砕するぞ!
 全学共闘会議の実カで粉砕するぞ!
 全学共闘会議は闘うぞ!
 最後の最後まで闘うぞ! 闘うぞ! (インター合唱)

右翼の介入は許さない

学生 おまえらは、いままで日大で何やってきたんだ、なんだ、これは、(とヘルメットの学生にくってかかる)
学生 おまえらその暴力的なやり方は何だ。おれたちはな、もう去年から、先生と教育者と学生のそれぞれの立場をとりもどすように運動してきたんだ。
学生 おまえらは知らないんだよ。
学生 知らなくてけっこうだよ。
学生 君ら何もやってないだろう。
学生 やってるよ。おまえららがわからないだけだよ。オレたちはな・・・・(「金もらってんだろ」のヤジあり)・・・・・誰が金もらってんだよ。おれたちはな、24日と28日に集会を開いてここまでエスカレートしたんだ。一生懸命やってたよ。
学生 一生懸命金もらって、チャアチャアやってたんだろう。恥ずかしくないのか。
学生 何がはずかしいんだよ。はずかしくないな、おれたちは。おまえらの方がよっぼどはずかしいぞ。
学生 学校側から金もらっているとか何とかいったけどな、もらった事実がどこにあるんだ。おれなんかびた一文もらったおぼえないぞ。
学生 じゃあおまえの上のヤツが全部吸いあげたんだよ。
学生 おれの上なんかだれもいないよ。おれ一匹だよ。
学生 金なんかありあまるほど出てんだよ。
学生 そんなの知らないよ、おれは。
学生 おまえがもらわなきゃ、じゃあ、誰がもらうんだよ。
学生 おれたちはもらってないよ、そんなものは。おれは一匹オオカミとして動いているんた。 おまえたちのやり方、大反対だ。だれがもらっているんだ、そんな汚ない金もらえるかよ。馬鹿野郎。
学生 帰りに弁当もらってるだろう。6・11には、酒まで出てたじゃないか。
学生 誰が右翼だ。誰が右翼だよ。右翼じゃないよ。どこが右翼なんだ。(怒ってつめよる)
学生 おまえらじゃないか、日大をこんなふうにしているのは。バリケードつくったりなんかして。もう少し日大の学生らしくしろよ。
                            (写真)
学生 日大をどうしたいんだ、おまえらは。
学生 学校から金もらって……。
学生 おまえら、どっから金もらってんだ。中共からもらってるのか、それともソ連から金もらってるのか、おまえらは。日大民主化なんてこという権利ないだろう、馬鹿野郎。(罵声多し)
学生 学生がなんで職員にベコぺコしなきゃならないんだよ。
学生 じゃあ、おまえらは何だ。教育すらも否定し、日大すらも否定して、何をつくろうというんだ。杜会主義国家か、ばかたれ。おまえらは批判しかてきないんだよ、てめえらは建設することは何もできないんだよ。
学生  一般学生の声を反映しようとしているじゃないか。
学生 お前らは何だ。お前は何だ。(と小突く)
学生 ・・・・・・(騒然、聴取不能)
学生 (叫ぶ)日大出て行け。
学生  お前ら一般学生なら、そんな角材、ヘルメット、なぜ必要なんだ。
学生 ・・・・・・(騒然、聴取不能)                 ル
学生 なに、右翼が襲ってくるから。どこから右翼が襲ってきたんだ、お前らに。
学生 お前ら、日大をどうしたいんだ。(騒然)
学生 もっとちゃんと話せよ。おまえらのいってることは聞こえないよ-・・・・・・(騒然、聴取不能)正しいことを言ってるなら、そんなものを捨ててちゃんと話し合えよ。・・・・・・・(騒然、聴取不能)聞こえないよ、これ取らないと。(ヘルメットに手をかける)・・・・・・(騒然、聴取不能)おれたちだって改革望んでいるんだよ。・・・・・・(騒然、聴取不能)民主化、民主化なんて、そんな欺購的な言葉わかるかよ。おれたちのいってるのは、日大の改革だよ。おまえらの民主化って何だよ。(騒然)角材、ヘルメツトで校舎を破壊しただけじゃないかよ。君たちだけの学校じゃないんだぞ。おれたちだってお金払っているんだぞ。……(騒然、聴取不能

  共闘会議の学友たち約百人が演壇を占拠する。(写真)

学生 おまえら、何をやっているんだ。
学生 話し合いの場を求めているんだ。
学生 話し合おうじゃないか。紳士的にいこうじゃないか。
学生 現象面だけを追われてやって……。
学生 現象面じゃないんだ。…-
学生 冷静に……だから、ぼくに話させてくれよ。
学生 話し合いの場になんでヘルメットがいるんだよ。
学生 そういうのは現象面じゃないか。説明しようとしたんじゃないか。
学生 じゃあ、いってくれ。
学生 機動隊とか、あらゆる、ぽくたちには暴力的な弾圧があるわけじゃないか。それに対しておれたちは、それを粉砕しぽくたちの正当性を主張しなければいけないんだよ。
学生 だから、正当性を主張する為にに、なんで違法な行為をするんだ。
学生 なんで違法な行為だよ。
学生 違法な行為じゃないか。おれたちは、許可を得て集会をやっているんだ。
学生 君はもっと歴史を勉強したまえよ。過去の80年間において、日本において・・・・・・。
学生 なんで、おまえら、秩序を保たないんだ。秩序を乱す行為をなんでやるんだ。
学生 そういう間題じゃない。秩序を乱すとか乱していないとかいう問題じゃない。おれたちが、まさしく、ヘルメットをかぶり、無届け集会をおこなうこと、つまり、おれたちが学校側の規則を破る形でしか連動はできなかったんじゃないか。だから、おれたちの運動は高まってきたんじゃないか。古田反動体制がおれたちに対する反動的放育を指向しているその「秩序」のなかで、連動をやっても発展しないわけじゃないか。秩序をなんで乱すかって・・・・・・
じゃ、おれたちが正しいことをやっているのに、なんで弾圧してくるんだよ。
学生 だから聞こうって……。
学生 もっと本質的なものを、問題を語り合わなければいけないじゃないか。
学生 おれたちの話し合いの場を、おまえら、奪っているんじゃないか。
学生 うるさいなあ、この野郎、
学生 何をいっているんだ、馬鹿野郎。
学生 うるさいなあ、この野郎、ちゃんと聞け。
学生 おれたちだって信念があるんだよ。それでこの会場を借りて、それでおれたちは集会を持った。それをあなた方が粉砕する理由がどこにあるんだよ。
学生 この両国講堂を借りたというが、どこも借りていないぞ。学校が両国講堂を借りて、日新会が1時から集会をやることになってたじゃないか。そうだろう。
学生 日新会はわれわれを切ったんだよ。
学生 われわれは一時から三時までここを借りるということははっきり約束したわけだ。それなのに、彼らはヘルメットをかぶって入ってきた。彼らがここを使う権利はまったくない。
学生 何の暴力沙汰だ。
学生 日本大学の一員だったら暴力でなくて…-。
学生 ぼくたちが今必要なものは民主的な話し合いだ。
学生 ぼくらは暴力は絶対排撃するんだ。きみたちが暴カをふるおうとするから、闘うために….
学生 最高学府で学ぶ者が、暴力沙汰でまわりの人たちに迷惑をかけ、日本の国の法律を犯している。きみは学生である。日本大学の学生にそんな者は一人もいないはずだ。
学生 君は「古田反動体制」というのを、どういうふうにとらえているわけですか。
学生 彼の教育に否定すべきものももちろんあるが、君たちのやり方はなお否定すべきではないか。
学生 僕たちが古田体制を根底から否定し、自治権を獲得するのならば、なぜ古田体制内の授業を受けたりするんだ。こういう体制内で、君たちは活動しようとするわけ。それじゃあ、君たちの思想というのは何だろう。本当に古田体制を根本的に否定するなら、僕たちはあらゆるものを否定していかなきゃならないんだ。
学生 おれたちは、そうじゃない。この日大を改革する為にはどうするか、話し合いで解決しようと思っている。
学生 具体的にどうするんだよ。
学生 集会の自由とか、経営のあれとか、そんなことじゃない。真の日大の教育内容…
学生 具体的に何をやるんだ。

 

         ホームページへ戻る  つぎへ

inserted by FC2 system